橋本板金工作所 長崎市近郊の屋根工事(修理)・外壁工事(修理)・雨どい工事(修理)・リフォーム全般、雨漏りや台風の対策・修理はお任せ下さい

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
095-828-1459
橋本板金工作所

屋根工事・屋根リフォーム

      

屋根工事・屋根リフォーム

      

住宅にとって、屋根はとても大切な部分です。
ちょっとした不具合を放っておくと、屋根材としての機能を失い、雨漏りの原因になります。
雨漏りは、建物内部の腐朽を招くおそれもあり、直すための費用が大きくなってしまいますので、不具合等があった場合は早めにご相談ください。

         

屋根工事・屋根リフォームの種類

塗り替え

彩色スレートなどの表面塗装を塗り直す方法。
屋根材も下地材もあまり傷んでいない場合に行います。塗装の種類で耐久性が異なります。

重ね葺き(カバー工法)

色彩スレートなどの屋根材で屋根材は傷んでいるが下地材はしっかりしている場合。
軽量の金属屋根などを、既存屋根に重ね張りする方法。

葺き替え

屋根材の傷みが激しい場合に、既存屋根材を撤去して新しい屋根材を葺きます。
下地のやり直しも含めて検討します。


塗り替え

塗り替え(塗装)は最も手軽にできるリフォームです。屋根の基礎部分であるところがそんなに傷んでいない時に有効な方法となります。
塗り替えを行う屋根材は日本瓦以外となっており、日本瓦はご存知の通り塗り替えはありません。
塗料としてよく使われるのは「アクリル樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「フッソ樹脂塗料」があり、一般的には「ウレタン樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」です。
実際の工事の料金は、塗布の料金以外に何回塗ったか、温度上昇を抑える「遮熱塗装」をするかしないか、冷房や暖房の効率性をよくする「断熱塗装」をするかしないか、等により変わってきます。

塗り替えのメリット・デメリット

メリット
リフォームの初期費用は安価で経済的
デメリット
屋根材自体が劣化している場合は、塗り替えができない。
長い目で見ると割高になる場合も

重ね葺き(カバー工法)

元々あった屋根をはがすことなく、新しい屋根を古いものの上にかぶせる工法で、屋根の外側(表面部分)は傷んでいるけれども内側がさほど傷んでいない時によく使われます。
葺き替えと比べると、工事にそんなに時間がかからず、廃材も出ないので費用を抑えることができるのです。
屋根が二重になるので、遮音性や断熱性がアップし、外から見た様子も一変するのがよい所です。
しかし、屋根全体の重さが増しますので、軽めの屋根材を選んだり施工の前に、建物の強度や耐震性を確認することが、必要となってきます。

重ね葺き(カバー工法)図


重ね葺き(カバー工法)のメリット・デメリット

メリット
新築同様の見栄え
外見のイメージチェンジが可能
廃材が少なく、省エネに貢献
遮音効果・断熱性にも期待大
既存屋根の撤去・処分費用がかからない
デメリット
凸凹の大きい屋根には施工できない。

葺き替え

「葺き替え」とは屋根材、下地ともに新しいものに変えるリフォームのことです。古い屋根を全て撤去し新しい屋根に替え、防水加工もし直します。
また、どんな屋根材にすることもできるので雰囲気をガラッと変えてしまうことや、天窓や換気扇を付けることもできるのです。建物の耐久性がアップするリフォームとなり、工事の日数もそれだけかかってきます。

葺き替えのメリット・デメリット

メリット
新築同様の見栄え
外見のイメージチェンジが可能
材料によっては軽量化ができる
デメリット
既存屋根の撤去・処分費用が発生

補修工事

瓦の「浮き」や「ズレ」や「割れ」、雨漏りの原因を探って直します。
棟瓦の崩れや、取り合い部分のモルタルや漆喰を納め直す等。
対応できる内容は多岐にわたるのでご相談下さい。

メリット
施工期間が短い
費用は内容や程度によって異なるが、安価にできる。
気になる悪い箇所だけ補修できる。
デメリット
他の部分で補修が必要になる箇所が発生する恐れがある。
継続的なメンテナンスが必要なので長期的には費用がかさむ。

カバー工法(重ね葺き)をご希望するお客様が、増えています

カバー工法でリフォームを選択する人が増えたようです。
カバー工法とは、重ね葺きともいわれる工法で、上記で説明していますが、昔は、「屋根が二倍の重さになる」とも表現されてきたため、耐震性に不安があるからと、選択肢から外される方も多かったのですが、最近では、金属屋根材の性能が向上したため、そういった心配が少なくり、施工件数が増えています。

特に既存の屋根材がスレート屋根の場合、2004年以前の屋根はアスベストを含んでいる可能性もあるため、アスベストを含んだ屋根材の撤去の為の厳しい規制や近隣住民の方ヘの配慮が必要になりますが、既存の屋根材をはがさないまま施工が出来るカバー工法は人気になっています。

カバー工法の魅力

カバー工法が人気である理由(上記でもメリットとして上げています。)は、主に次の4つです。

  • 1. コストダウンが図れる
  • 2. 断熱性、防音性の向上が期待できる
  • 3. 工事期間が短い
  • 4. アスベスト飛散を抑えられる

既存の屋根の撤去費、アスベストの処理費用が不要など、費用面でのメリットを感じている人も多く、更に工期が短いため施工に踏み切りやすいという点も利点のようです。 また、屋根が二重になることで断熱性や防音性にも期待が出来ます。

カバー工法をするための条件

カバー工法は古い屋根を残したまま新しい屋根を被せる工法ですので、古い屋根材の下の状況を調査したり修繕したりすることが出来ないため、屋根の劣化状況によっては、施工できない場合もあります。
カバー工法は、屋根材の劣化はあるものの、下地までは傷んでいない状態で、 既存の屋根がスレート(カラーベスト)、アスファルトシングル、金属材など、平板な素材の場合に用いることができます。
また、いくら最近の屋根材が軽くなったとはいえ、屋根が二重になることに変わりはありませんから、重量は施工前よりも重くなりますので、躯体の耐震性をしっかりと見極める必要があります。


創業85年になる橋本板金工作所では、長い経験で培った確かな技術と深い専門知識で、
お客様のご自宅の状態にあった最適なリフォーム工事方法をご提案いたします。
ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。


こんなときは、ご相談下さい


こんなときは、ご相談下さい

| 印刷用ページ